海外旅行保険や留学保険・ワーキングホリデー保険、出張駐在保険の比較【 e海外旅行保険 】

HOME >AIG損保海外出張・海外駐在保険

出張・駐在プラン
  • AIG損保出張・駐在保険
  • JI海外駐在員保険
AIG損保海外出張・海外駐在保険 パンフレット AIG損保アシスタンスセンター 提携病院 保険金をお支払いする場合と、お支払いしない主な場合 Adobe Acrobat Readerのインストールはこちらから
AIG損保の海外出張保険・海外駐在員保険を渡航期間3か月から1年間までのプランでご用意。出張の方も駐在保険にご加入いただけますし、反対に駐在の方が出張保険にご加入いただくこともできます。
いずれのプランも海外の企業に雇用される=現地就職の方はお申込みいただけません。

※渡航期間3か月未満の方、家族プランをご希望の方は、オンライン契約をご利用
  ください。

AIG損保海外旅行保険 オンライン契約

重要事項


当ページのプランは、ご出発日時点で生後6か月以上、69才以下の方が対象となります。


AIG損保の海外出張保険について
AIG損保海外出張保険

※勤務先の慶弔規定などにより給付を受けることができる場合は、オプション特約をお引受けはできない場合があります。
  詳しくは、取扱代理店にお問い合せください。

満69才以下
満69才以下で、現症・既往症(※5)のない方を対象としています。
対象とならない方には、別のプランをご用意していますので、お問い合わせください。
ご契約タイプ 8A5 8A4 8A3 8A2



傷害死亡 5,000万円 3,000万円 2,000万円 1,000万円
後遺障害の程度に応じて 150万円~
5,000万円
90万円~
3,000万円
60万円~
2,000万円
30万円~
1,000万円
支払限度額/1事故・1疾病あたり 無制限(※1) 無制限(※1) 無制限(※1) 無制限(※1)
疾病死亡 3,000万円 3,000万円 2,000万円 1,000万円
支払限度額/1事故あたり 1億円 1億円 1億円 1億円
家財・身の回り品など1個あたり10万円限度、乗車券・航空券などの場合は5万円限度(※2) 30万円 30万円 30万円 30万円
支払限度額 10万円 10万円 10万円 10万円
支払限度額 2万円 2万円 2万円 2万円


保険期間(以下同様)
3か月
75,420円 69,920円 64,570円 59,220円
4か月まで 101,180円 95,040円 88,730円 82,420円
5か月まで 129,510円 121,950円 114,270円 106,590円
6か月まで 155,320円 146,740円 137,910円 129,080円
7か月まで 179,340円 169,900円 160,010円 150,120円
8か月まで 204,260円 193,720円 182,590円 171,460円
9か月まで 228,200円 216,580円 204,240円 191,900円
10か月まで 252,030円 239,310円 225,720円 212,130円
11か月まで 274,670円 260,950円 246,190円 231,430円
12か月まで 296,460円 281,620円 265,630円 249,640円

(※1)無制限とは、治療・救援費用補償特約の保険金額(支払限度額)を無制限とすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。
(※2)携行品損害保険金額が30万円を超える契約の場合は、盗難、強盗および航空機寄託手荷物不着による損害については、30万円を保険期間中の限度とします。
(※3)1回の寄託手荷物遅延につき、10万円をお支払いの限度とします。
(※4)1回の出発遅延など、搭乗不能または着陸地変更につき、2万円をお支払いの限度とします。
(※5)現症・既往症とは、次の場合をいいます。
・現在、ケガや病気で医師の治療・投薬を受けているか、または医師から精密検査、定期的な診察、治療・投薬などのいずれかをすすめられている。
・これまで継続して1か月以上入院したこと、または脳疾患、心疾患、ガンを患ったことがある。

オプション特約


--緊急一時帰国費用補償特約保険料表--

海外出張保険、海外駐在保険、AIG損保 3か月 4か月まで 5か月まで 6か月まで 7か月まで 8か月まで 9か月まで 10か月まで 11か月まで 12か月まで
40万円 4,730円 5,780円 6,700円 7,610円 8,530円 9,450円 10,370円 11,290円 12,210円 13,130円
70万円 8,270円 10,110円 11,720円 13,330円 14,930円 16,540円 18,150円 19,760円 21,370円 22,970円
100万円 11,820円 14,440円 16,740円 19,040円 21,330円 23,630円 25,930円 28,230円 30,520円 32,820円

留学保険のお申し込みはこちら オンライン契約専用ブランはこちら

ページトップへ

AIG損保海外駐在保険

駐在される地域名をクリックして保険料をご確認下さい。

(※1):無制限とは、治療・救援費用担保特約の保険金額(支払限度額)を無制限とすることであり、治療・救援費用を終身補償するものではありません。
(※5)現症・既往症とは、次の場合をいいます。
・現在、ケガや病気で医師の治療・投薬を受けているか、または医師から精密検査、定期的な診察、治療・投薬などのいずれかをすすめられている。
・これまで継続して1か月以上入院したこと、または脳疾患、心疾患、ガンを患ったことがある。

※「家族総合賠償責任」は自動車賠償責任補償対象の場合の保険料です。自動車賠償責任補償対象外をご希望の場合は保険料が異なりますので、弊社までお問い合せください。

※「家族総合賠償責任」の免責金額(自己負担額)について
自動車事故については、下表の事故発生地別金額または現地自動車保険などの第一次保険契約で支払われる金額のうちいずれか高い額を超えた部分の損害賠償金がお支払いの対象となります。

事故発生地 自己負担額
北米、ハワイ、グアム、サイパン US$250,000
ヨーロッパ、オセアニア US$100,000
アジア、中南米、アフリカ、中東、その他 US$ 30,000

プラス

オプション特約
緊急一時帰国費用
(本人のみ)
家族緊急一時帰国費用
(本人+帯同家族)
保険金 40万円 70万円 100万円 40万円 70万円 100万円


保険期間(以下同様)
3か月
4,730円 8,270円 11,820円 9,920円 17,370円 24,810円
4か月まで 5,780円 10,110円 14,440円 12,130円 21,230円 30,330円
5か月まで 6,700円 11,720円 16,740円 14,060円 24,610円 35,150円
6か月まで 7,610円 13,330円 19,040円 15,990円 27,980円 39,980円
7か月まで 8,530円 14,930円 21,330円 17,920円 31,360円 44,800円
8か月まで 9,450円 16,540円 23,630円 19,850円 34,740円 49,620円
9か月まで 10,370円 18,150円 25,930円 21,780円 38,110円 54,450円
10か月まで 11,290円 19,760円 28,230円 23,710円 41,490円 59,270円
11か月まで 12,210円 21,370円 30,520円 25,640円 44,870円 64,100円
12か月まで 13,130円 22,970円 32,820円 27,570円 48,250円 68,920円

家族緊急一時帰国費用は、緊急一時帰国費用補償特約に家族緊急一時帰国費用追加補償特約をがセットされたプランで、駐在員に帯同する家族(本 人の配偶者および子、本人と生計を共にする本人の3親等以内の親族)が被保険者の範囲に追加され、各被保険者ごとに緊急一時帰国費用補償特約の 保険金額が適用されます。また、被保険者を、(被保険者本人)と読み替えて適用しますので、親族の範囲は各被保険者ごとに同一 となります。 なお、帯同家族の人数は保険料に影響しませんので、夫婦お二人の場合などは、個別に緊急一時帰国費用補償を付帯される方が、お支払いいただく 保険料が安くなります。


海外旅行保険のお申し込みはこちら


ページトップへ

プランについての補足

■海外出張保険と海外駐在保険の違い
海外出張保険と海外駐在保険は、単身で海外に長期赴任される方や家族で海外に駐在される方を対象としたプランになります。 海外出張保険と海外駐在保険では、賠償責任の補償と身の回り品の補償に相違点があります。
傷害死亡、傷害後遺障害、疾病死亡については、共通の補償です。
                
 ①家族総合賠償責任補償と個人賠償責任補償の両特約は、出張、駐在中に他人にケガをさせたり、あやまってお店の品物を壊して
  しまったり、ホテルの部屋を水浸しにしてしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合などの補償ですが、駐在保険の家族総合賠
  償責任では、前記賠償責任に加えて、失火によるアパートなどの借用住宅に対する賠償責任、自動車事故による賠償責任(現地
  の自動車保険で支払いきれない場合など)などについても補償されます。また、被害者治療費用補償がセットされており、賠償責
  任の有無に関係なく、住宅内で来客などがケガをした場合に負担した治療費用を補償します。

 ②生活用動産(長期用)補償と携行品補償の両特約は、出張、駐在中にスーツケース、カメラ、時計などを盗まれたり、あやまって落
  として破損した場合やパスポートの盗難により再取得する場合などの補償ですが、生活用動産(長期用)では前記の事故に加えて
  アパートなどの宿泊・居住施設内にある自己所有の家財が盗難などの偶然な事故によって損害を受けた場合なども補償します。

■保険金額の設定について
下記①または②に該当する場合、傷害死亡保険金額および疾病死亡保険金額は、同一の補償内容を提供する他の保険契約や共済とそれぞれ合算して 1,000万円までを上限とさせていただきます。別途ご契約タイプをご用意していますので、お問い合わせください。

 ①旅行者(被保険者)が満15才未満(旅行出発日時点)の場合

 ②申込人と旅行者(被保険者)が異なる場合で、旅行者(被保険者)の同意の署名が無い場合

■お引受けできない職務
職務が以下に該当する場合には、ご契約をお引受けできません。
「炭坑、鉱坑などの坑内で作業を行う方、スタントマン、危険が高いと弊社が判断したプロスポーツ選手、オートテスター(テストライダー)、 テストパイロット、猛獣取扱者(動物園の飼育係を含みます。)、海面での漁業従事者、トンネル・ダム掘さく工、石切・採石作業者、発破員、 運転代行運転者、船舶関係従事者、バイク便運転者、ピザ宅配員、船内・沿岸・港湾における運搬作業者、火薬類・強酸・劇毒物などの危険物 の製造作業者、潜水作業者、潜函工、壁面などの危険な場所で清掃を行う方、自衛官、警察官、海上保安官、消防員、麻薬取締官」

このページの情報は、AIG損保損害保険株式会社の保険商品に関するものであり、当該商品のパンフレットの付属資料としてご覧いただくものです。 ご検討にあたっては、必ず当代理店の説明を受け、当該商品のパンフレットを合わせてご覧ください。